男女

穴場的な街としての存在感

足立区北千住のイメージは、非常に範囲が広くなっており、東京の穴場的な街と評する人が多くなっています。良いイメージもあるのですが、悪いイメージも同様にあるのがこの北千住の特徴かも知れません。良いイメージのダントツは、家賃の安さがあげられます。電車など5路線が入り込む便利な街となっているのですが、その便利さがあっても家賃は決して高いものではありません。極端なことを考えると恵比寿などの高級マンションの賃貸料と比較すると、半額で済むと言うマンションがたくさんあると言うことで、住むだけのことを考えると最良の街とも言えることになるはずです。

山谷のイメージからの脱却も

その昔足立区には山谷と呼ばれるドヤ街があり、北千住も間近にあったことから簡易宿泊所も多く、昼間からお酒の匂いをぷんぷんさせる輩がたくさんいたこともあり、昔から住んでいる人は街の変貌に驚きを隠せずにいます。しかし名残りは今でも残っており、住むには避けたいと考える人もいるようですが、それ以上に新しく住まいを求めてやって来る人が多くなっています。今では、少しで安い賃貸料を求める学生や新婚ファミリーの姿も見られる街になって来ています。

新しい人気の街へ

東京の街は開発が止まることなく続けられているのですが、そのため昔から人気のあった高級住宅街は避けられる傾向にあります。田園調布や成城と言った街や新興住宅ながら高級感が著しかった新百合丘なども避けられる傾向になり、昔は避けられて来た赤羽や駒込、錦糸町や南千住なども北千住同様に人気の街となって来ています。そこにあるのか過去の汚さなどのマイナス思考がなくなって来たことと思われます。新しい街へと変わって来たことが賃貸マンションやアパートの進出を進めることになっているのでしょう。

住み良い街へと変貌を

少し前までは麻布や六本木などの成金タウンと比較され、北千住のある足立区周辺はヤンキーのたまり場と称されて来ました。そんな街も大学がたくさん誘致されて来たなどの理由から、健全な街へと変わって来ているのでした。学生が多くなったことで自然と活気ある街になり、明るい様相を見せてくれることになりました。今北千住の街は古さと新しさが同居しており、古さの残る街で新たな賃貸マンションやアパートが建てられるまでになって来ています。特に目立つのがファミリーを対象にしたマンション建設が多いことで、新しい街作りに貢献していると言って良いのでしょう。この北千住の街は六本木や麻布にある気取った感を見受けることは出来ません。それだけ誰もが自然体で生活が出来る、気楽な街へ発展していると言うこと思われ、これからは住みやすさもでも人気の街になるのではないでしょうか。東京で発展する街はもう限られて来ていると思われます。その数少ない街がこの北千住も入っていると考えらます。

通いつめ情報をゲット!北千住周辺で優良な賃貸物件ネットに載っていないお部屋情報があるんです!

広告募集中